髪型にはそれぞれイメージというものがあります。

俗にいう「七三分け」の髪型には、「真面目」とか「サラリーマン」とか「大人の男性」のイメージがあります。
ひとつの髪型でこれだけのイメージがあるのですから、この世の中にあるたくさんの髪型を集めると全てのイメージが言い尽くせそうな気がします。

 

わたしが好きな髪型はポンパドールです。
ポンパドールというのは、おでこを全開にしておでこの真上のあたりにお団子を作るように髪を丸めてヘアピンなどでとめる髪型です。
わたしはこの髪型を気に入っていてかなり昔からポンパドールを楽しんでいます。

 

おでこを見せる髪型が好きになったのは、このポンパドールという髪型を知ってからです。
ポンパドールのイメージは明るいので好きです。

 

最後に、うわさですが、サスティ 利尻カラーシャンプー染まらないって本当ですか?

 

 

 

「自分散髪」を開始してもう20年以上になります。子供の頃から散髪屋に髪を触られるのが本当に苦手で、「こんなこと自分でできたらどんなにか楽だろう」と思い始めてみたのですが、初回わりとうまくいき、気を良くして以後継続するに至りました。やはり後ろ側は難しく、鏡で確認すると襟足切りすぎていたり、後頭部の一部分だけこんもり盛り上がっていることも何度もありました。我流ながら徐々にテクニックも上達し、現在では店で散髪するのと何ら変わらない仕上がりです。コツはスキバサミで散らす感覚、これが一番重要で、全体のバランスがとりながら手早くやります。他人にも自分から言い出さないと絶対に気づかれません。掃除がけっこう大...
自分散髪のメリットの続きはこちら
若い男性の髪型が最近気になって仕方ありません。一時期韓国ブームが日本に来た時に韓国人男性の髪型が話題になりましたが、最近の日本人は韓国人男性のような髪型にしているような気がします。もちろん流行に敏感な若い男性に限ったことですが、具体的には前髪をかなり作りこんでいる髪型です。かなり後ろの方から髪の毛を前に向かって持ってきて前髪を厚めにしています。個性が感じられるのは前髪が主で、横と後ろの髪はそれほど変わった感じはありません。ほとんど前髪のデザインだけが個性的で、それを最近の若い男性は真似をしているというか、ちょっとしたブームになっているようです。そのうち女性の髪型も前髪のデザインが強くなるような...
前髪多めの髪型の続きはこちら
冬になると風が強い日が増えてきます。よく「木枯らし」とか「北風」と言いますが、冬が近づくにつれてこのような名前が付く強い風が吹くようになります。それは「季節が変わった」という証拠ですし、季節感が感じられるので嫌がってばかりはいられませんが、ただ、長い髪の毛の女性は強い風が吹くようになったら髪の毛をまとめる方がいいと思います。これは「髪の毛のために」です。長い髪の毛の男性は常に髪の毛を縛っている人が多いのでいいですが、女性は髪の毛をゴムで縛らない人が多いです。多分ゴムで髪を縛ると縛ったところにゴムの跡が付いてしまうことが気にかかるのでしょうが、北風が吹くようになったら大事な髪の毛のためにシュシュ...
シュシュを利用するといいですの続きはこちら
ワックスはハゲの原因になるという話があります。原因としては、油分が頭皮につまってしまうのと、界面活性剤がタンパク質を破壊してしまうのとがあるそうです。髪の90%はタンパク質で構成されているそうですから、かなりまずそうです。界面活性剤はワックスだけではなくシャンプーや洗剤なんかにも使われています。乳化という、水と油のような混ざらないものを混ぜ合わせる働きによって、油汚れを落とすことができるのだそうです。ワックスには、本来混じり合わないたくさんの成分が含まれており、それらを融和安定させるために界面活性剤が必須なのです。ワックスだけではなく、シャンプーやリンスを使う上でも、界面活性剤とは付き合ってい...
髪を傷める「界面活性剤」の続きはこちら
髪の毛や頭皮にとくにトラブルがなかった以前は、シャンプーなんてどれを使ってもたいして違いはないと思っていました。しかし、頭皮にべたつきやフケが気になるようになってからは、それまでは髪の毛のまとまりやすさですとか美しさを引き出してくれるようなシャンプーやトリートメントを中心に選んでいたのですが、スカルプケアができるシャンプーを始めとしたヘアケア用品を捜し求めるようになりました。長年、自分の頭皮や髪の毛にあった商品を探してはいるのですが、なかなかこれといったものにめぐり合うことができないものです。いろいろなヘアケア商品をためしに使ってみるのですが、スカルプケアができるものを使うと頭皮にはそれなりの...
納得のいくヘアケア商品を見つけたいの続きはこちら
自分でよく髪を染めていたにもかかわらず、1度しまったという失敗をした事があります。その日は、いつもは、頭の周りの肌にはすべてクリームを塗るのに、何故か忘れていました。何となく、今日はスムーズに事が運んでいるなとは思っていたのですが、それに気付いたのは、髪を染め終わったからの事でした。耳たぶが真っ黒になっていました。ある程度はお湯をつけてこすれば、何とかなりましたが、1週間くらいはその色が残りました。さらに、その時は、どうやら、染料がカーペットにも落ちていたらしく、見事に白いカーペットが黒く染まり、まるで牛柄みたいになりました。安いカーペットで良かったですが、これが高級なものだったりしたら後悔し...
しまった!の続きはこちら

このページの先頭へ戻る