昨今では、さまざまなサプリメントが販売されていますから、膝痛に良いというサプリメントもたくさん売られています。サプリメントは薬とは違って、治療目的なのではなく、不足する栄養分を補うことを目的に摂取するものです。ですから、膝痛の場合のサプリメントは、膝の関節や骨、筋肉などの元になったり、栄養分となるような成分が含まれているものという事になります。では、具体的に、膝痛にはどんな栄養素が有効なのでしょう?膝痛に良いと言われている成分には、コラーゲン、ヒアルロン酸、グルコサミン、コンドロイチンなどがあります。まず、美容成分として知られるコラーゲンは、関節の軟骨を再生させる働きがあることでも有名ですね。この働きによって、すり減った軟骨の再生を活性化させ、膝痛を緩和させるといわれています。コラーゲンと同様に、美容成分として有名なヒアルロン酸は、細胞修復に大変大きく関わっているとされている成分です。また、ヒアルロン酸は関節成分の一つでもあるため、それが不足すると関節痛の原因となります。逆に補ってあげることで、膝痛を緩和させることができます。最近、CMで有名になったグルコサミンやコンドロイチンは、主にエビや蟹などの甲殻類の甲羅から採取される成分ですが、人間の体内においては軟骨を形成する重要な成分の一つです。そのため、グルコサミンやコンドロイチンの摂取によって、すり減った軟骨の再形成を促し、結果的に膝痛を和らげる効果が期待できますー